Welcome to the Marine World !

発航前点検・機関運転

  • HOME »
  • 発航前点検・機関運転

まず海洋レジャー協会が発行する一・二級用の試験概要(通称リーフレット)をお手元にご用意してください。どのスクールでも配られているはずですがお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

2ページ目右上の点検箇所一覧をご覧ください。船内外機との違いは概ね以下の通りです。

●赤線の部分は出題されません
・点検グループは船内外機ではなく船外機になります。
・「エアベントスクリュー(通気口)」は燃料タンクが携行缶式ではないので点検出来ません。
・「消火器」は船外機は不要なので搭載していません。

●青線の部分
「緊急エンジン停止スイッチ」
キルスイッチとも呼ばれます。ハンドル右下のイグニッションキーの下側に赤いカールコードでつながれた爪が刺さっているか手で触れて確認してください。

「燃料油量」
写真上のイグニッションキーを右に1段階回すと約5秒でメーターの起動が完了します。それから燃料メーターの示度を確認します。

「プライマリーポンプ」
燃料を手動でエンジンまで送るポンプ。エンジンルームハッチを開けます。もうエンジンはありませんが、コックやバッテリの位置は変わりありません。プライマリポンプは右舷側の燃料コック付近にあり・・・

ナスビのような形をしています。これを手で2,3回握ります。中で液体が動いている感触があります。これで点検終了。
補足:最近は船外機側の燃料噴射装置の電磁ポンプが最初から燃料を吸い込んでくれるので使う機会は減りました。2サイクルエンジン時代は初めにこれでキャブレターまで燃料を送ってやらないと始動出来ませんでした

「エンジンオイル」
出題されることはあまりないようです。というのはエンジンカバーを外すからです。桟橋で点検する場合、エンジン本体が大きく露出してしまうので海上でカバーを外すのは好ましくありません。本来は陸上で行うべき作業ですが大事な点検箇所でもありますので場所は知っておきましょう。点検の方法は船内外機と変わりません。

カバーを開けるとこんな感じ。最近はとても複雑です。

黄色いスティックが目印です。オイル系統は黄色というのは世界共通です。

「エンジンの取付」
低馬力船外機などの手締めクランプの点検を意味しているようです。もし出題されたら船外機のカバーを手で押してみてガタがないか確認しましょう。

その他の点検箇所に関しては従来通りです。テキストなどを参考にして下さい。

「機関運転」
エンジンの始動に関して以下に注意してください。暖気・停止は特に変わりありません。

エンジン始動前に
1.リモコンレバーの中立確認
2.緊急エンジン停止コードの装着確認

をしてから(1、2の順はどちらでもよい)

3.IGキーを回してエンジン始動

そして

4.船外機の冷却水点検孔からの水の排出状態の確認(船尾まで移動する必要あり)

船外機なので「2.緊急エンジン停止コード」「4.船外機の冷却水点検孔」が追加になり従来の「エンジンルームの換気」がありません。

操縦席

発航前点検・機関運転

操縦

133゜44.624'E 34゜16.466'N TEL 0877-33-4477 9:00~18:00 火曜定休

PAGETOP
Copyright © 合田マリン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.