小型船安全協会という公益法人がありまして香川支部の副会長をうちの社長がしております。今日はその事業の一つである稚魚放流でした。場所は多度津町の白方漁港となりの海岸。近隣の幼稚園児たちにタケノコメバル1500匹を放流してもらいました。水産資源の保護だけでなく子供達に海を慈しむ気持ちを持ってもらえるきっかけとなれば嬉しいです。
 タケノコの模様に似ているからタケノコメバルと言うそうです。香川県の水産課の方に教えてもらいました。そのまんまですが(笑)。あと水産資源には陸からの淡水の流入が大事だそうです。ただ、近年の三方コンクリートの河川は良くないそうです。なかなか難しいことですね。

image

image

image

Follow me!