そろそろ冬眠していたジェット達を起こしてあげる時期です。今日も3艇まとめて…と思っていたのですが、ひとつ3年ほど眠っていたジェットのプラグを外すと

1本酷く錆びています。少々の錆はよくあるのですがこれは無視出来ない。緩める時、感触で怪しい気がしていました。やれやれ困ったなと思いながら、とりあえず圧縮を測ります。こういう時は絶対すぐにエンジンをかけてはいけません。

バッテリー繋いで赤ボタンを押しながらスタートボタンを恐る恐るちょんと押してクランキングします。やはり1番の圧縮がありません。吸排気バルブが長年の放置によるオイル切れでくっついているようです。あとジェットは構造上どうしても排気管に水が残ります。その僅かな湿気も原因だと思われます。プラグの錆がその証拠。シリンダのどれかはバルブが開いた状態だからです。

しかしゆっくりゆっくりクランキングしていくにつれ圧縮が上がってきました。オーバーホールしなくて済みそうです。さらにピストンに干渉しないくらいの浅い固着みたいで良かったです。干渉する機種だと思うので普通は回した瞬間バルブがひん曲がります。とりあえずオイル換える前に水を通しながらかけてしばらく様子を見ます。

まだバルブの動きが悪い感じでした。でもすぐに正常に動き出したのが分かったので一安心。音でわかります。

人間でも起きてすぐ走ると関節やってしまいます。歳をとるとなおさらです。エンジンも一緒です。中でもジェットは特に気を付けないといけません。久しぶりにジェットに乗ろうかなとバッテリー繋いでいきなりエンジンかけたら変な音がする→修理代ウン十万かかると言われる→ジェットやめた。よくあります。ここだけの話、修理する側にとってもジェットのオーバーホールは儲かる仕事ではありません。長々と書いてしまいましたが最低でも年一回エンジンかけるだけでそんな悲劇は避けられる事が多いので皆さんも気を付けましょう。

Follow me!