海でいると海水の破壊力にビビります。船外機メーカーはバイクメーカーなのでオイルフィルタは共通部品です。もし塩害対策フィルタを作っても販売数も少なく値段も跳ね上がるのでそれでよいと思います。ステンレスにしたところで今度は電蝕の問題も出てきます。(ちなみに錆びは湿蝕です。)フィルタは他の部品と比較して驚くほど安いのはそういった事情です。

ただ、錆びやすい。船外機やジェットは鉄部分がほとんどありませんがこれだけは薄い鉄板に軽く塗装しただけのモノ。特にジェットのフィルタはエンジンルームの底にあってすぐ錆びます。錆びて穴が開いてオイルが噴出し油圧警報が鳴りエンジンルームをオイルまみれにしながら帰ってきたトラブルもあります。2000円くらいの消耗品。オイルがまだ綺麗とかあまり乗ってないとかそういう問題ではなく毎年交換したほうが良い理由がこれです。

防止策は乗ったあと、エンジンに軽く(ただし優しく)真水をかけ、乾かすことです。乗ってすぐのエンジンは熱いので余熱ですぐ乾きます。塩分は真水にすぐ解けるのでソルトアウェイなど使わなくても大丈夫。塩分が残っていると空気中の水分吸収し続け湿った状態が続きそこから湿蝕が始まります。